斜め 類語。 俯瞰の意味とは?正しい使い方・例文・類語・対義語・英語表現を解説

「俯瞰」の意味と使い方は?「鳥瞰」との違いや類語・対義語も解説

ドライデン飛行研究センターで無人実験機、さらに1979年有人実験機 AD-1 が作られ1982年にかけて79回の実験飛行が行われた。 また、似ている言葉に「鳥瞰(ちょうかん)」という言葉もあり、正しく使えているか分からない方も多いはずです。 ではなぜ、転職活動をすることができる人が増えているのでしょうか?理由は大きく2つあります。 俯瞰の対義語|「偏狭」 偏狭とは、「狭い考えにとらわれていること」を指す言葉で、主に人に対してその性格や思考についてネガティブな評価をするときに使う言葉です。 3は誤用として使われ始め、今は定着しつつあります。 「デフォルトなので変更できません」というと、ユーザには変更できない設定という意味です。 ・斜に構える必要はなく、真正面から挑んでいけば良い。

Next

「俯瞰」の意味と使い方は?「鳥瞰」との違いや類語・対義語も解説

さきほどのメタ認知・アンガーマネジメントのような同じシチュエーションを表す言葉以外にも類語が多く、使うべきシーンも多いため、おさえておくと便利です。 いくら物事を俯瞰的に捉えようとしても、そもそもの視点に偏見や考え方の偏りがあれば全体を捉えることができません。 たとえば、「このプロジェクトを企画段階から俯瞰的に捉える」「今起きている問題の全体像を俯瞰的に捉える」などというように使います。 ただし、「概要」「概略」などと同じ「概」を使用している概観では、物事をより大雑把に見ていくというニュアンスがあります。 俯瞰の漢字 「俯」の意味 俯瞰の「俯」は訓読みで「うつむく」という読み方になります。 そうすると、自分のミスや失敗に対する情けなさよりも、「今の状況」に自然と目を向けることができるようになります。

Next

筋交い

「斜に構える」と「天邪鬼」は全く別の意味になるので、間違えないように注意しましょう。 また、奈須きのこ原作の長編伝奇小説『空の境界』の第1章タイトルとして使用されているため馴染みのある方もいるでしょう。 状況に応じて使い分けてみてください。 また、「世間や物事を斜めの視点で見る」という意味も含まれます。 丘の上から自分の住む町を俯瞰する 「俯瞰的に見る」「俯瞰して見る」とは考え方のたとえに使う 考え方のたとえとして「俯瞰」を使う場合は、「広い視野を持ってものごとをとらえる」という意味になります。 俯瞰の使い方・例文 俯瞰を具体的にどのような言葉で使うのか、ここでは例文と使い方を解説していきます。

Next

俯瞰の意味とは?正しい使い方・例文・類語・対義語・英語表現を解説

仰望も仰視も、地上から高いところを見渡すことを指します。 あざ笑うこと性質を持っている) 「冷笑的な態度をとっている」 へそ曲がり (意味:心が曲がっていて、性質が素直でないこと) 「あいつは人の話を素直に聞かないへそ曲がりである」 「斜に構える」の対義語 「斜に構える」の対義語としては、「改まった態度を取る」という意味になります。 俯瞰視点で本質的に大切なことを導き出す考え方が重要である。 よく 「経営者目線で考えろ」という会社の上司がいますが、これはつまり 「俯瞰して自分の仕事を見てみなさい」という意味になります。 違和感があるものの、日常で使っても問題ないレベルと感じる方も多いでしょう。

Next

「斜め(ななめ)」の意味や使い方 Weblio辞書

俯瞰視点は、人をマネジメントする役割を担う人物には必携のスキルであると言って良い。 使い方としては、それぞれどう違うのでしょうか。 俯瞰は物事を広く上から見ることを指す言葉なので、意味が重複してしまっています。 1 失敗やミスだけにとらわれない 物事を俯瞰するためのコツのひとつめは、「失敗やミスだけにとらわれないこと」です。 また、客観的にものごとを考える力を「俯瞰力」と呼ぶこともあります。

Next

斜陽の意味・使い方をまとめてみた。類語や対義語も合わせて

局所的にポイントを掴むのではなく、取り組むべき問題やテーマに対して「全体を見る」という考え方になります。 また、鳥瞰した状態で上から見下ろした図のことを俯瞰図と表現することもあるため、どちらも同じ意味で使うと考えて問題ないでしょう。 身構える (意味:敵や迫りくるものに対し、いつでも対応できる姿勢をとる) 「竹刀を用意して身構える」 気負う (意味:自分こそはと意気込む。 今起きている問題の全体像を俯瞰的に捉える• 俯瞰の仕事・ビジネスにおける意味 「俯瞰」という言葉は、ビジネスや仕事術でもよく使われる言葉です。 俯瞰の使い方と例文|「俯瞰力」 ビジネス分野では「俯瞰力」という言葉で、自分を俯瞰する能力を磨いたり、向上させたりする考え方があります。

Next