花 より 男子 二 次 小説。 Last Promise 【花より男子 二次小説】 (2ページ)

二次小説 人気ブログランキングとブログ検索

あの瞬間から、彼女に惹かれている事に気付いた。 「あっ、花沢社長。 「あれ?佐伯君??」 花沢類が、稜に気付いた。 閲覧は自己責任でお願いします。 背を向けた瞬間に、自分の身体から力が抜けていくような気がして、精一杯、背筋を伸ばす。 聞いてみるよ。 いいな」 花沢類は遼の言ってることが分からない部分はあったが、 とりあえず成功すれば今来ている見合い話はなくなることは 類にとっては嬉しいことだったので素直に了承した。

Next

L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

<1.さよなら大好きな人> 「元気で」 その言葉に、一瞬言葉を失ったかのような司の表情を、つくしはたぶん一生忘れないだろうと思った。 。 『基本的な文章作法 』を参考のこと。 しばらく考えて、それから、またアドレスをピピピッと変える。 つくしは、ゆっくりと立ち上がると、再び歩き始めた。

Next

はなみずき さんの小説一覧

53P• 精一杯の笑顔で「元気で……」そう言ったつくしに、司が返した言葉も「ああ、おまえもな」だった。 そしてF4が、パーティーに現れた。 日本を発った時には、まだまだ冬の匂いが残っていて、春はその足音くらいしか感じられなかったのに、それがこの十日間で急速に変化を遂げていた。 」 最後に一礼すると、玲人は店から出て行った。 」 3人の誕生日会が始まった。 稜には、お付き合いを辞めなさいと言ったけど。

Next

新たな道へ 15

でも絶対彼女を見つけてみせる・・・」 類は遠い目をしながらも、その目は凛とした意思を感じた そして、その表情は遼が見たこともないようなやさしい顔だった 遼は花沢をさらに大きくさせるためには、類に政略結婚させたほうが いいとは思っていたが、子供の頃、類の気持ちを無視し続けた為に 類の心を病院に行く寸前まで壊してしまった その類の子供の頃のことが心に引っかかった そして、あのときの類の意思が遼に政略結婚をすすめるのを ためらわせていた・・・ それにしても、類の思い人とはだれなんだ? 遼は考え事をしながら、一本煙草を取ると吸い始めた そしてまた類の過去について考え始めた ・・・高校3年の頃からの類は見違えるほど変わっていったな・・ あれは類が高校3年の頃だったか・・・ 小さい頃、私は類に将来立派な経営者となってもらおうと 過剰なまでの厳しい躾をそして英才教育を施した その為に、類の心を壊し、感情が不安定になり、いつもおどおどしていた ときには急に吐きだしたりしたものだった 病院にお世話になるか・・そう思っていたとき それを藤堂さんのところの静ちゃんのおかげで吐いたりすることは なくなったが、それでも無表情、無関心、無感動な性質は直らなかった・・ 一時期、静ちゃんを追いかけてフランスへ行ったときはさすがに驚いた このまま帰ってこないんじゃないかと不安になったが それでも、私は口を出すことはしなかった しかし、すぐ類は帰ってきた 一時期は荒れてたらしいが・・・ その後、なにがきっかけかは分からないが 類は見違えるほど変わっていった 無愛想なのは相変わらずだが、 花沢の家で類が笑っていることがあるなんて思わなかった 使用人から、ある友人が来るといつも笑い声が聞こえてくると 報告を受けたときは、思わずカップを落としそうになった 真偽を確かめようと、類の友人が来ているという時間帯に自宅へ そっと戻ってみると、家の外にも聞こえるくらいの類の笑い声が 聞こえてきた 使用人の話は本当だった・・・あの類が・・・ 遼は目頭が熱くなる想いがした あのあと、秘書に類の友人達を調べてもらった ちいさいころからいっしょだったメンバーに加えて一人 一般家庭の子が交じっていた 写真を見せられると そこには その一般家庭の娘といつも一緒にいる類の姿が映っていた そして自分には見せないやさしい表情をしていた もしかして・・・類はこの子が好きなのか? そう思ったが、その子は司君の彼女と聞いた しかし、片思いとはいえ、そのことで類の表情が戻るのならと 思っていた その後、司君は記憶障害になり、彼女は失踪したと聞く・・・ 失踪した後の類はひどいものだったが・・ いつしか仕事をしたいといい、大学と仕事の両立を見事にこなしている そんな類があれほどの思いを抱える相手は・・・彼女なのか? だとしたら・・・ 遼は、はっとした・・・・もしかして・・・ そして何かを思いついたように使用人を呼び、 類を書斎に呼ぶように依頼したのだった <19> 花沢類は、遼が自分を呼んだことに不快感を示した (こんな時間に書斎に呼び出すなんて・・・どうせろくな事じゃない きっとまた見たくも無い女の写真を見せられるだけだ・・・) そう思いながらも、父の呼び出しを無下にするわけにはいかず、 書斎へと向かった 書斎のドアを叩き、部屋に入るなり 「父さん、なに」 と無愛想に花沢類は言った 「まぁ、そんなに不機嫌な顔をするな。 恥ずかしいから、さっさと仕事に戻るとかしなさいよ」 「だって今俺が離れたらきっと牧野どっかに行ってしまいそうだし」 そう言ってふんわり微笑む花沢類の表情にあきらめたつくしは 「・・・じゃあ、トイレの前で待たれるの恥ずかしいから ちょっと離れた所で待ってて」 「あい」 そう言ってそそくさとトイレの中へ入っていった 洗面所の前に立って、蛇口をにねる 自分の顔を鏡で見る 「ふぅ・・・すごい顔」 眼鏡を外し、流れる水を見ながらぱしゃぱしゃと顔を洗った 顔を拭いて一息ついたつくしは、トイレから出て 花沢類の姿を探した・・・が何度探しても花沢類の姿が無かった (なんだ・・待ってるって行ってたのに・・・ しょうがないか・・そもそも仕事でこっちに来てるんだし・・ 今はすごい偉い人なんだし・・・ はっ!!・・どうしよう・・・今気づいた・・ 今更だけど、佐々木さんたち置いてきちゃったよ・・・) そんなことを考えながらおろおろしていると 背後から『くっくっ・・』と笑う声がした つくしが振り向くとそこには腹を抱えて笑いをこらえている 花沢類の姿があった 「花沢類!!笑うな!!」 そう言ってもなかなか笑うことをやめてくれない 「じゃあ、もうずっと笑ってれば?」 つくしは花沢類の笑いを止めることを諦めた しばらくすると笑いも収まってきたのか 「あー本当久しぶりに笑った」 そう言って花沢類の笑顔をつくしに向けた 「あっそう!!よかったね(怒」 つくしは嫌味を言うように言ってやると 「だってさ、こんなに笑えたの4年ぶりなんだ・・・」 その言葉に少し罪悪感のあったつくしは言葉につまった 固まっているつくしの手を取り、花沢類は出版社の正面玄関へと向かった 手が繋がったまま、皆のいる前で歩いていく花沢類 出版社という性質上、周りが好奇の目でこちらを見ていた ひそひそ耳打ちしている姿があちこちで見られた それに気づいたつくしは、途端に青ざめ、花沢類の手を振りほどこうとした しかし、ぎゅっと握られている手は強く、離すことが出来なかった (どっどうしよう・・・また新聞とかで書かれちゃったら・・・) そんなつくしの不安をよそに、どんどん正面玄関に足が近づいていく その事がつくしにも分かり、花沢類に声をかけた 「ちょっ、ちょっと!!」 「なに?」 「どこ行くの?仕事は?私、佐々木さんたちの所に一旦戻らないと・・」 手を繋いだまま歩いていた花沢類がつくしの方を向いた 「大丈夫。 昔の気持ちを告白された牧野が、類を受け入れたのか?? 司の心は、かき乱されていた。 その瞬間、全身がぐらりと揺れたような気がして、おもわず両手で顔を覆った。 育った環境も金銭感覚も、もろもろすべてがあまりにも違うこの女は、扱いづらいことこの上ない。

Next

二次小説 人気ブログランキングとブログ検索

連載中• ひとりで超えなきゃいけない夜もあるんだと、いつか誰かが、歌ってた。 お嬢様みたいな生活してたら、きっと庶民のご馳走とか知らないんじゃない?笑」 「そうか。 「終わっちゃった……」 目が回るような、宙を浮遊しているような不思議な感覚がしばらく続いたけれど、不思議と涙は出てこなかった。 」 つくしに促され、席に着いた。 オレが悪かった、、、。 」 「それでいいの?」 「、、、、」 「彼女の事、本当に愛してたのか?? このまま、中途半端に気持ちを引きずったまま、先になんて進めないんだぞ。

Next

二次小説 人気ブログランキング OUTポイント順

行き交う人の幾人かが、ちらちらとつくしのほうをみていくのがわかったが、誰も声をかけてはこなかった。 ビビってるだろ?」 総二郎が悪いね、と間に入り、あきらを連れ出した。 何?プレゼントのリクエストでも聞きにきたの?笑」 「違うよ、そんなんじゃなくて。 梓のやつ、付き合ってるヤツがいるってホントか??」 「らしいな。 」 「どんなヤツだった??」 「おまえ、だろ?自分で確かめろよ。 。

Next

二次小説 人気ブログランキングとブログ検索

」 つくしは、返す言葉がなかった。 仲の良かった同僚の話では、 玲人に会うために、神崎家を訪ねてきていた事、そこで、玲人との事を話すも許してもらえず、代わりに、フランスでのソムリエ留学と手術費用を条件に、別れるように告げられたという。 性別、年齢、製作歴に関わらず、画力の向上に努めるものであれば参加可能。 母さんと一緒の誕生日なんて、彼女も驚いてたし。 。

Next